19:27 2021年06月15日
新型コロナウイルス
短縮 URL
ロシアの新型コロナワクチン (124)
0 70
でフォローする

暫定的なデータによると、新型コロナウイルスワクチン「エピワクコロナ」接種後の免疫は1年間持続する。同ワクチンを開発したロシアの国立研究センター「ベクター」のリナット・マクシュートフ所長が2日、明らかにした。

同氏は連邦院で「暫定的ではあるが、免疫は1年間保たれる」と発言した。

さらにマクシュートフ氏は、「最初の治験に参加したボランティアは、ワクチンを接種してから9ヶ月が経過したが、免疫力はかなり高いレベルにあることが分かった」と強調した。

「エピワクコロナ」は、ロシアで2番目の新型コロナウイルスワクチンで、2020年秋に登録された。アデノウイルスベクターを用いている「スプートニクV」とは異なり、ベクターセンターで開発された「エピワクコロナ」はペプチドワクチンであり、新型コロナウイルスのゲノムの中で最も変異しにくい3つの構成部分から作られている。

関連ニュース


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報 をお届けしています。特設ページをご覧ください。

トピック
ロシアの新型コロナワクチン (124)
タグ
新型コロナウイルス, ワクチン, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント