20:02 2021年06月15日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 15
でフォローする

欧州委員会のウルズラ・フォン・デア・ライエン委員長はG7サミットを目前に控えた記者会見で、EU諸国でコロナウイルスのワクチン接種を完了した人口が1億人近くに達し、1回の接種を済ませた人も成人人口の半数以上に達したことを明らかにした。

フォン・デア・ライエン委員長は、2021年初頭から今までにEU圏ではおよそ7億回分のワクチンが生産され、そのうち半分にあたる3億5000回分が90か国に輸出されたと語っている。

EU圏での大規模接種は2020年12月から開始された。フォン・デア・ライエン委員長は圏内の接種は相互に協調して実施せねばならず、コロナウイルスに打ち勝つためには欧州全人口の70%の接種が完了していなければならないと力説した。

「欧州の市民のひとりひとりが接種することができるようにと、総数としては十分な量以上のワクチンを買い上げている。これで隣国、全世界のパートナーらに支援を行うことができる」

同日の報道では、ジョー・バイデン米政権が、米製薬大手ファイザー製の新型コロナウイルスワクチン5億回分を購入し、他の国々に寄付することが明らかにされている。

関連ニュース


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
欧州連合, 新型コロナウイルス, ワクチン
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント