03:44 2021年08月06日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 03
でフォローする

英国人男性(61)にファイザーとバイオエヌテックのコロナウイルスのワクチンによって顔面の筋肉に2度のベル麻痺が発生した初の症例が報告された。学術誌 BMJ Case Reportsが報告している。

コロナウイルスのワクチンで2度のベル麻痺が生じたという症例は世界でも初めて。

男性が最初に顔面麻痺を感じたのは1月18日、ファイザーとバイオエヌテックのワクチンの第1回目の接種を終え、5時間後のことで、右半分に弱弱しい麻痺が現れた。麻痺と診断され、ステロイド投与の後、麻痺は消えた。その6週間後、2回目の接種を終了して2日後に、前回より重い麻痺が今度は左半分の顔面に現れた。男性には再びステロイド投与が行われた。

英国で承認された3種(モデルナ、ファイザーとバイオエヌテック、アストラゼネカ)のいずれの治験でも顔面の半面に麻痺が生じた例は報告されていたが、今回の例は毎回の接種後にベル麻痺が起きた初めての症例となっている。

関連ニュース


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
新型コロナウイルス, 英国, Pfizer, ワクチン
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント