13:38 2021年09月18日
新型コロナウイルス
短縮 URL
新型コロナウイルスの新たな変異種 (65)
0 13
でフォローする

ファイザーとバイオエヌテック社のコロナウイルスのワクチンについて、ウォールストリートジャーナル紙は広範に蔓延するデルタ型変異株のために有効性が低下していると報じている。

イスラエルで行われた調査では、ファイザーのワクチンを1月に接種した市民と5月に接種した市民の感染率を比較した場合、5月に接種した人の感染率のほうが3倍も高くなっていた。また7月の発表によれば、同じくイスラエルで6月のワクチンの接種者の感染防御率は変異株のせいで64%にまで落ち込んでいた

バイオエヌテック社のウグル・シャヒン代表取締役はこの調査結果について、「抗体のレベルは低下しており、新しい変異株からのワクチンの防御も落ちている」とコメントしている。

ジョンソンエンドジョンソン社のワクチンも新たな変異株に対する免疫性は最小値を示した。

関連ニュース


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

トピック
新型コロナウイルスの新たな変異種 (65)
タグ
新型コロナウイルス, Pfizer, ワクチン
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント