23:56 2021年09月20日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 10
でフォローする

世界保健機関(WHO)はCOVID-19の変異体リストに新たに「注目すべき変異型」としてミュー株を加えた。ニューサイエンスがWHOの発表を引用して報じた。

ニューサイエンスの報道によれば、新たな変異体「ミュー」株、またはB.1.621は2021年の初め、コロンビアで初めて検出されている。

ミュー株の感染例は南米だけでなく、欧州でも確認されている。WHOはミュー株を「免疫回避する潜在的な特性」を持つと規定していることから、現在あるワクチンはミュー株に対しては効力を持たないことになる。

現時点でWHOは5種類のコロナウイルスの変異体を確認し、「注目すべき」変異としており、そのうち4つは「懸念すべき変異ウイルス」に分類している。WHOが最も脅威が大きいとする変異体はアルファ、ベータ、ガンマ、デルタの4種。

関連ニュース


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。 

タグ
WHO, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント