20:36 2021年10月16日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 54
でフォローする

イスラエルでコロナウイルスのワクチンやマスク着用に抵抗していた活動家のハイ・シュリラン氏がコロナウイルスに感染して死亡した。地元テレビの第13放送が伝えた。

第13放送の報道によれば、シュリラン氏は今週初めに死去していた。テレビでは、同氏が鼻に酸素のチューブを入れた状態でベッドに横たわり、コロナウイルスに感染したと語る動画が流された。

「この酸素を(鼻から)抜いて、3メートルほど歩こうとすると、気絶して倒れてしまう。息が続かない」シュリラン氏はこうした容態にあっても「必然性」(編集者中:ワクチンやマスク着用)に抵抗し続けるよう呼び掛けていた

シュリラン氏の妹は第13放送からの取材に対し「私たち、家族全員がワクチンを接種しましたが、彼は打たないという選択をしました。何とか話し合いをもとうとしましたが、彼は、民主主義国家ではそれぞれが自分のやり方を選択することができるという自己の信条を堅く守っていました。そしてこれが彼の選んだやり方だったわけです」と語った。

妹はシュリラン氏の最後は思いつく限り最も恐ろしい死に方だったという。「たったひとりで、家族にも看取られずに。家族がちゃんといたのに、子どもにも母親にも兄弟にも会えないまま、たったひとりで。こんないい方は申し訳ないですが、犬のような野垂れ死にでした」

関連ニュース


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
新型コロナウイルス, イスラエル
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント