17:32 2018年11月16日
チェスラワ・クウォカさん

ブラジルのアーティストが、アウシュビッツの14歳の少女の写真を「生き返らせる」【写真】

© 写真: Wilhelm Brasse
文化
短縮 URL
0 42

ブラジルのアーティスト、マリーナ・アマラルさんが、1943年に死亡したアウシュビッツ収容所の収容者チェスラワ・クウォカさん(14)の白黒写真をカラー写真に変えた。Metroが報じた。

スプートニク日本

クウォカさんは、第二次世界大戦中にこの死の収容所アウシュビッツに送られた23万人の子供の1人。

写真では殴られた跡がわかる。写真を撮った収容所の収容者によると、写真を撮る前に監視員がクウォカさんの顔を棒で殴った。クウォカさんはドイツ語がわからず、監視員の命令が理解できなかったため殴られたという。

クウォカさんは写真を撮る前に涙と唇の血を拭き取ったという。

クウォカさんは収容所でわずか3ヶ月しか生き延びることができなかった。

アーティストのアマラルさんは、白黒写真はそこに写っている人の苦痛や恐怖をすべて伝えておらず、歴史的文書として認識されていると考えており、白黒写真をカラー写真にすることで、写真の中には生きた人間がいることを思い起こさせようとしている。

関連ニュース

残忍な千葉小3ベトナム人女児殺害事件からもうすぐ一年、裁判未だ始まらず、両親は社会に協力を呼びかけ

アウシュビッツ経験者が世界最高齢者としてギネス入り

タグ
写真, 歴史, 欧州, ブラジル
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント