16:38 2018年12月13日
露文豪プーシキンの本

英国クリスティーズ 露文豪プーシキンとドストエフスキーの初版を競売へ

© Sputnik / Sergey Pyatakov
文化
短縮 URL
0 10

ロシア文豪の220部を超える初版が、11月に英国のオークションハウス「クリスティーズ」で競売にかけられる。その中には、プーシキンやドストエフスキー、ゴーゴリ、マンデリシュタームなどといった錚々たる作家の作品が含まれている。

スプートニク日本

「オークションハウス・クリスティーズは、2018年11月28日に、米国の法律家で書籍コレクターのロバート・エデン・マーティン氏が所有する貴重なロシア文学の作品や原稿を競売にかけることを発表した。出品は全体で228作品。大部分が19世紀初めから20世紀中ごろのロシア文学の卓越を示す書籍や原稿である」と、ロシアメディアは報じている。

貴重な作品の一つには、ゴーゴリの『ディカーニカ近郷夜話』の初版も含まれる。この書籍には1831年から32年の日付があり、5万~7万9千ポンド(約740万円~1169万円)の落札価格が予想されている。

関連ニュース

フランク・シナトラの私物、「サザビーズ」のオークションに

画家がバンクシー絵画を72万ドル超で購入 目的は塗りつぶすこと【写真】

タグ
文化, 歴史, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント