20:08 2020年04月04日
エンタメ
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

フィギュアスケートを題材にしたドラマの新作が制作された。映画やドラマをオンライン配信する米国の「ネットフリックス」は、フィギュアスケートの女子シングル選手の人生の困難やキャリアを描いたドラマ「スピニングアウト」を2020年元旦に公開する。トレイラーはすでに公開中だ。

主役のキャット・ベイカーを演じるのは英国女優カヤ・スコデラリオ。

かつてトップ選手だった主人公のキャットは頭部外傷のせいで女子シングル選手としてのキャリアが脅かされている。しかし、キャットにはペアの選手に転向してオリンピック出場への夢を追うチャンスがある。キャットはカリスマ的なパートナーと出会い、怪我のトラウマと戦っていく。

スケートのシーンは、プロのスケーターが演じるようだ。キャットのパートナー役では元フィギュアスケーターのディラン・モスコビッチ(カナダ)がそのシーンを代役する。モスコビッチは2014年ソチ五輪のフィギュア団体戦の銀メダリスト。

また、2008年世界選手権銅メダリストのジョニー・ウィアーはキャットらのライバルを演じる。

近年、フィギュアスケートをテーマにした作品が増えている。2017年にはロシア映画の「アイス(英題)」、米映画の「キス・アンド・クライ」が公開。ほかにも、1990年代のフィギュアスケート界の事件を描いた「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」、2018年公開の「ソーニャ ザ・ホワイト・スワン」などがある。


このほかのフュギュアスケートに関するニュース、写真、インタビュー等はスプートニクの特設ページをご覧ください。

タグ
フィギュアスケート, スポーツ, 文化, 映画
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント