07:42 2021年01月27日
エンタメ
短縮 URL
0 24
でフォローする

米カリフォルニアの山中に、謎の金属製の柱が出現したことが分かった。地元ニュースサイト「アタスカデロ・ニュース」が伝えている。同様の物体は最近、米ユタ州とルーマニア東部でも見つかっている。

 


先週、米ユタ州公共安全局の職員が、砂漠の中で光る金属製の柱を発見した。しかしその数日後、柱はその場からなくなっていた。

11月末にはルーマニア東部、ダキア人都市ペトロダヴァの遺跡から数メートル離れたピアトラ・ネアムトの町に、ユタ州とは別の金属製の柱が出現したことが分かった。その後、ルーマニアのメディアは、その柱が突然消えたと報じた。

この物体はその外見から、アーサー・クラーク原作で映画化された『2001年宇宙の旅』に出てくるモノリス(映画では黒色)と似ていると騒がれ始めるようになった。


同ニュースサイトによると2日、カリフォルニア州アタスカデロ市のパイン・マウンテンの山頂で同様のモノリスが発見された。

カリフォルニア州のモノリスは、三面型の柱で、高さ3メートル、幅は約46センチ。同サイトによると、このモノリスは、各面がリベット(釘)で接合されているものだという。

同サイトは、このモノリスの重量を約90キロと推定している。この物体がどのようにして山頂に建てられたのかは不明だが、訪れた観光客によると、1日にはなかったという。

タグ
米国, びっくり
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント