13:38 2018年08月18日
グーグル

欧州委、アンドロイド巡る独禁問題でグーグルに過去最高50億ドルの制裁金

© AP Photo / Matt Rourke
欧州
短縮 URL
171

欧州委員会がグーグル社に対し、「欧州連合(EU)の独占禁止規則に対する違反」と、アンドロイド端末メーカーと移動体通信事業者に向けた「違法な制限」を理由に、過去最高となる43億4千万ユーロ(50億4千万ドル)の制裁金を科した。欧州委員会による発表で述べられている。

スプートニク日本

欧州委員会は、アンドロイド端末におけるトラフィックがグーグルの検索システムに送られることを保証するため、グーグルのサービス(例えば、ウェブブラウザの「クローム」や検索システム)を基本ソフト(OS)「アンドロイド」にプリインストールすることをスマートフォンメーカーが強制される条件をグーグルが作り出したのではないかと疑っている。

発表では、「グーグルはアンドロイドを、自社の検索システムによる優勢を確保するための手段として利用した。

これを実践したことで、技術革新導入と競争の可能性を競争相手から奪った」と述べられ、このことがEUの複数の法律に反すると指摘している。

欧州委員会はグーグルに対し、違反解消のため3カ月間を提供。親会社である持株会社「アルファベット」の1日当たりの平均取引高の最大5%が制裁金の対象となる可能性がある。グーグルは欧州委員会の決定に異議を申し立てる予定。

関連ニュース

iPhone動作遅延でアップルを捜査へ

欧州委員会、Apple向けサプライヤーに「買収」で9億9700万ユーロの罰金を科す

タグ
テクノ, 制裁, Google, EU
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント