23:00 2018年10月15日
新潜水艦S-80

スペインの新潜水艦、改修後、ドックに収まらない...【写真】

© 写真: Navantia
欧州
短縮 URL
131

新潜水艦の建造におけるスペインの試みが、再び失敗に終わった。今回は、潜水艦を改修したところ、カルタヘナにあるスペイン海軍基地のドックに収まらないことがわかった。スペインのマスコミが報じた。

スプートニク日本

スペインの新潜水艦S-80は、計算上のミスにより、再設計することになった。S-80の不運は、100トンの重量超過による浮力の問題が明らかとなった2013年から続いている。

S-80は潜水はできるが、浮上できなかった。

そしてこの問題を解決するために、早急に潜水艦の全長を延ばすことになった。当初の設計では全長71メートル、排水量2200トンだったが、現在の新設計S-80「プラス」では、全長81メートル、排水量3000トンとなっている。

スペイン紙エル・パイスによると、改修後、潜水艦はカルタヘナのドックにとってあまりにも長すぎることが判明した。

S-80「プラス」の建造費は当初の約2倍となり、現在1億ユーロとなっている。

新潜水艦S-80
© 写真 : Navantia
新潜水艦S-80

関連ニュース

約41億ドルの英国の新空母 就航後まもなく漏れが見つかる

米海軍の第5世代戦闘機に約千件の欠陥発見

タグ
武器・兵器, 軍事, スペイン
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント