03:30 2019年09月22日
タラソワコーチ

タラソワコーチ、ある女子選手に「気をしっかり持たないと、死んでしまう」

© Sputnik / Evgeny Biyatov
フィギュア特集
短縮 URL
0 10
でフォローする

フィギュアスケートのロシア功労コーチ、タチアナ・タラソワ氏は、スプートニク通信の取材に応じ、コーチは選手の健康に責任を持たなければならない、と述べた。タラソワ氏は、五輪チャンピオンのユリア・リプニツカヤさんも含む、複数の女子選手の拒食症に関する深刻な問題を挙げた。リプニツカヤさんは2017年に拒食症が原因で治療を受けた。

未成年者であるスポーツ選手の健康、スポーツ選手に起こる変化に誰が責任を持つか、コーチか親か、という質問に対してタラソワ氏は、2017年のケースを挙げた。

ユリア・リプニツカヤさんは拒食症で入院を余儀なくされ、それ以前にも同じく拒食症でユリア・アンチポワ選手が入院していた。

リプニツカヤさんは2014年ソチ五輪団体戦で金メダルを獲得した。

当時15歳。リプニツカヤさんはトゥトベリーザコーチのもとを去り、2017年、健康を理由に競技を引退した。

「私はいつも、すべての責任は私自身が負わなければならないと思っていました。それ以外にあり得ますか?例えば私が男子選手を指導することになり、アメリカに連れて行ってトレーニングする、この選手に対して誰が責任を持ちますか?選手は風邪をひくかもしれない、タバコを吸う、警察に捕まる、あるいは何かに巻き込まれるかもしれない。もちろん、私は傍にいなければなりません」。

タラソワ氏は、氏の多くの選手が、大人になる過程で「コーチの言うことを聞かない」、なぜなら選手は自分を「一番賢い」と思っており、時に誰の目にも明らかな健康問題も無視しようとする、とため息をついた。

「首根っこを掴んで目を覚ますしかありません。私も当時、ある選手にそうしました。その選手は、太らない体質だと周りを説得させようとしていたのです。私は彼女に率直に言いました。それは嘘、だから治療しなければならない。でないとあなたは死んでしまう。リンクで気をしっかり持たないと死に至ることもある、と」。

このほかのフュギュアスケートに関するニュース、写真、インタビュー等はスプートニクの特設ページをご覧ください。

関連記事

タグ
ロシア, 健康, スポーツ, フィギュアスケート
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント