04:11 2020年10月23日
フィギュア特集
短縮 URL
111
でフォローする

ロシアのフィギュアスケート選手、エフゲニア・メドベージェワは、新型コロナウイルスの影響で練習拠点のカナダに戻ることができないため、現在滞在しているモスクワでソ連功労コーチのタチヤナ・タラソワ氏の指導のもと、練習を開始した。メドベージェワの主任コーチを務めるブライアン・オーサー氏が、インスタグラムのSkatingPjで伝えた。

オーサー氏によると、タラソワ氏はメドベージェワとショートプログラム(SP)の練り上げをしている。

またオーサー氏は、新型コロナウイルス感染対策による制限措置により、メドベージェワはまだ練習拠点のカナダに戻ることができないことを確認した。

Посмотреть эту публикацию в Instagram

Публикация от Evgenia Medvedeva ⛸ Fan Group (@team.moonbear)

メドベージェワはモスクワにあるCSKA(ツェスカ)のリンクで練習しており、カナダのコーチたちとオンラインセッションを行っている。

メドベージェワは日本で開催される予定だったアイスショー「美少女戦士セーラームーン Prism On Ice」に出演するため、4月に練習拠点のカナダから日本に到着したが、新型コロナウイルスの影響でアイスショーは延期され、メドベージェワはしばらく日本に滞在していたが、今月1日、ロシアに帰国した。

4日にはメドベージェワがモスクワで練習を再開したことが報じられた。当時は、エレーナ・ブヤノワ氏がモスクワでのメドベージェワのコーチを担当していた。

メドベージェワはモスクワ滞在中もオーサー・コーチとの遠隔トレーニングの様子をインスタグラムで公開している。

以前、メドベージェワは国際線航空便の運行再開後、オーサー氏のいるカナダへ戻ると報じられた。


このほかのフィギュアスケートに関するニュース、写真、インタビュー等はスプートニクの特設ページをご覧ください。

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント