13:23 2020年11月24日
フィギュア特集
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

フィギュアスケート・ロシア選手権2冠のアンナ・シェルバコワ選手は、ロシア選手権に向け、フリープログラム内で2〜3本の4回転ジャンプを取り入れる方向で調整を進めている。コーチのダニイル・グレイヘンガウス氏が伝えた。

ソチで行われたロシア杯第3戦で、シェルバコワ選手は合計239.91を獲得し、優勝した。フリープログラムで、シェルバコワ選手は4回転フリップを1本披露。ロシア選手権は12月、チェリャビンスクで行われる。

グレイヘンガウス氏は、記者団にこのように語った。

「アンナは4回転ジャンプを1本しか跳んでいないが、2本跳ぶ計画をしていた(ソチの大会時点で:スプートニク編集部)。4回転のルッツとフリップを取り入れてプログラムを滑ったが、それはまだあまりにリスクの高いものだった。どんなアスリートも『素晴らしい4回転ジャンプを跳べば、その先にはより難しいものがある。最初にミスしてしまうと、2度目のチャンスはほとんど無くなってしまう』という感覚を持っている。我々はまだ4回転ジャンプを1本にとどめているが、目標はロシア選手権までに2〜3本に近づけることだ。」

さらに、グレイヘンガウス氏は「(グランプリシリーズの)ロステレコム杯では、せいぜい2本の4回転ジャンプでいく」と述べた。

2019年のシーズンで、シェルバコワ選手はフリープログラム内で2本の4回転ジャンプを成功させている

関連ニュース

フィギュアスケートロシア杯のスケジュール
© 写真 : Kristina Savitskaya
フィギュアスケートロシア杯のスケジュール

このほかのフィギュアスケートに関するニュース、写真、インタビュー等はスプートニクの特設ページをご覧ください。

タグ
フィギュアスケート, ロシア, アンナ・シェルバコワ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント