11:49 2021年05月13日
フィギュア特集
短縮 URL
0 30
でフォローする

フィギュアスケート五輪金メダリストのアリーナ・ザギトワがアンバサダー契約を結ぶプーマの中継の際に、将来なりたい職業について語った。

2020年9月、アリーナ・ザギトワはロシアの高等教育機関の国家経済公共行政アカデミーのジャーナリズム学部に入学した。

しかし、彼女は将来ジャーナリストを目指すわけではない。ザギトワは、「ジャーナリストになりたいわけではないです。それよりプロデュースに興味があります。たぶん、セルフプロデュース。でもまだ分かりません」と語った。

また彼女は、いまのところコーチとして活動したいとは思っていないとも述べた。「コーチですか? いまのところそういう考えはありません。いま私は自分のために学んでいるんです。将来ですが、どうでしょう、考えてもいません。」

アリーナ・ザギトワの職業

2019年12月にアリーナ・ザギトワが今後の競技会への出場を中止すると発表するまで、彼女はフィギュアスケート選手としてのキャリアの後に何をしたいか語ったことは一度もなかった。彼女の考えはいつもさまざまであった。

2019年7月、彼女は「かつてない日本食レストラン」をモスクワにオープンしたいという夢を語った。

その年の11月にはザギトワは陶芸サークルへ参加し、「他にない唯一の物」を創作したいという夢を語っている。

大学入学後にはザギトワはスポーツジャーナリズムを学びたいと述べ、惜しみなく働く準備に取り掛かった。

 「どの学部に進むかと考えた時、スポーツの勉強をするのは難しくないだろう、知っている世界だから、と思いました。ジャーナリズムを学ぶことは私にとってチャレンジになります。そのほうが楽しいです」とアリーナは語る。

タグ
ロシア, スポーツ, フィギュアスケート, アリーナ・ザギトワに関する 記事・インタビュー, アリーナ・ザギトワ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント