12:49 2021年01月24日
フィギュア特集
短縮 URL
0 01
でフォローする

2021年にクロアチアで開催予定だった欧州フィギュアスケート選手権は、新型コロナウイルス感染症の状況が世界的に悪化していることを受け、中止となった。2020/21シーズンのフィギュアスケート・グランプリ(GP)ファイナル北京大会も中止された。

欧州フィギュアスケート選手権は、1月25日~31日にクロアチアのザグレブで開催される予定だった。

北京大会は2020年12月10日~13日に予定されていた。

国際スケート連盟(ISU)理事会は、新型コロナウイルス感染症による主催者及び参加者のリスク増大を受け、中止を決定したという。

先にISUは、3月に中国のハルビンで開催予定だった世界ジュニアフィギュアスケート選手権2021も中止すると発表した。

フィギュアスケート世界選手権2021(3月22日~28日、ストックホルム)についてはまだ実施予定とされているが、新型コロナウイルスをめぐる状況が悪化した場合、中止となる可能性がある。2020年の世界選手権はコロナの影響で中止された。

関連記事


このほかのフィギュアスケートに関するニュース、写真、インタビュー等はスプートニクの特設ページをご覧ください。

タグ
中国, スポーツ, フィギュアスケート
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント