09:11 2021年10月19日
フィギュア特集
短縮 URL
2021年世界フィギュアスケート選手権 (33)
0 81
でフォローする

スウェーデンの首都ストックホルムで行われた世界フィギュアスケート選手権の女子シングルでは、ロシア勢が大会史上初めて表彰台を独占した。ロシアのプーチン大統領は電報でこの成果を指摘した。

ロシア大統領府のホームページに掲載された電報では「皆さんの素晴らしい成果を祝福する。(中略)皆さんは才能と準備レベルの高さを発揮し、複雑で美しいプログラムを立派に披露した」と述べられている。

またプーチン大統領は、2022年北京オリンピックにも言及し、今回の成果は「ロシアのスポーツ史上におけるもう1つの勝利のページ、また次のオリンピックへの道における確固たる足がかり」になると強調した。

プーチン大統領はまた、アンナ・シェルバコワの優勝について、同選手の3月28日の誕生日への素晴らしい贈り物になったと指摘した。

世界フィギュアスケート選手権の女子シングルの結果は、アンナ・シェルバコワ(ロシア)が233.17点で優勝、エリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア)が220.46点で2位、トルソワが217.20点で3位だった。


このほかのフィギュアスケートに関するニュース、写真、インタビュー等はスプートニクの特設ページをご覧ください。

トピック
2021年世界フィギュアスケート選手権 (33)
タグ
アンナ・シェルバコワ, ウラジーミル・プーチン, フィギュアスケート
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント