01:17 2018年12月19日
シリア軍(アーカイブ)

国際有志連合の空爆によりシリア東部で民間人60人以上が犠牲者に

© AFP 2018 / Louai Beshara
災害・事故・事件
短縮 URL
2010

米国主導による有志連合がシリア東部デリゾール県を空爆し、民間人60人以上が犠牲者となった。シリア国営シリア・アラブ通信(SANA)が報じた。

スプートニク日本

SANA通信は今年10月、有志連合が空爆時に白リン弾を使用したと報道していた。

有志連合軍は、クルド人やアラブ人部隊からなる「シリア民主軍(SDF)」の地上作戦支援のため、シリアで空爆している。なおシリア政府は、SDFの活動は国の法律に反したものとみなしている。

トランプ大統領は選挙前、ダーイシュとの戦いにおいてシリアのアサド大統領と協力する可能性を除外しなかったが、米政府はアサド大統領の退陣を達成する方向だ。

タグ
空爆, 米国, シリア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント