21:32 2021年03月03日
日本
短縮 URL
0 07
でフォローする

日本の菅義偉首相は10日の政府与党連絡会議で、国内の新型コロナウイルス用ワクチンの接種について「有効性と安全性を確認したうえで、来週半ばには接種を開始する」と述べた。日本のメディアが報じた。

菅首相は2日の記者会見で、今月下旬としていた目標を前倒しし、今月中旬の開始を目指すと表明していた

菅首相は「現場の運営を担う自治体や医師、看護師の協力がぜひとも必要だ。あらゆる努力を尽くし、万全の準備を整えていく」と強調。10日夕方に日本医師会の中川俊男会長と面会し、ワクチン接種について協力を求めると説明した。

日本政府は17日を軸に、医療従事者への先行接種が開始できるよう調整しているという。

また加藤官房長官は、改正特別措置法の施行前日の12日に「新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針」の変更を予定していることを明らかにした。

関連記事

タグ
ワクチン, 新型コロナウイルス, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント