2012.03.27 , 12:41

福島原発、汚染水漏れ

福島原発、汚染水漏れ

 東京電力は、福島第一原発で浄化処理した放射能汚染水がホースから漏れているのが見つかった、と発表した。

 原子炉の冷却で出た放射能汚染水の処理水120トンが、淡水化処理施設とタンクをつなぐホースの継ぎ手部分から漏れ、80リットル程度が海に流れたとみられている。

 汚染水漏れが起きた地域の放射線量は、1立方センチあたり14万ベクレルで通常値の数百倍にものぼる。東京電力の専門家らは、この問題の解決に向け努力している。

 現在、福島第一原発を取り巻く状況は完全に安定化している。

  •  
    シェアする