2012.07.16 , 20:00

北朝鮮人民軍の総参謀長 解任

北朝鮮人民軍の総参謀長 解任

   朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)人民軍の李英鎬(リ・ヨンホ)総参謀長が解任された。

    朝鮮中央通信が16日に伝えたところによると、朝鮮労働党政治局会議は、「健康上の理由」によって李氏を全ての役職から解任する決定を承認した。

   李氏は1942年に江原道通川郡で生まれた。1959年に朝鮮人民軍に入隊し、半世紀後の2009年に朝鮮人民郡総参謀長に就任した。

   2010年9月に開かれた党の代表者会議で朝鮮労働党政治局のメンバーに加わった。その直後に開催された党中央委員会総会では、現リーダーの正恩氏が党中央軍事委員会副委員長に就任した。

   【イタル・タス】

  •  
    シェアする