2013.03.26 , 10:30

日本人の貯金総額 18兆ドルを超える

日本人の貯金総額 18兆ドルを超える

日本人の倹約と貯蓄の美徳は、現代も生きている事が明らかとなった。日本国民の貯金は、総額18兆ドルを超えている。資金は、日本企業の株価の上昇により増加しつつある。一方株価は、日本経済の景気改善を信じる人々の投資により上がっている。

 貯金という日本の習慣は、この国の発展の重要な原動力である。人々が銀行に預金する事で、金融機関は、巨額の資金を運用する事ができるからだ。

 その一方で、最近日本では口座を持たない人の数が増加しているとの指摘もある。公式的なデータでは、日本の家族の約三分の一が、銀行に貯金がない。

  •  
    シェアする