2013.03.31 , 11:01

日本とモンゴル 中国の影響力が増大する中、経済協力の発展で合意

日本とモンゴル 中国の影響力が増大する中、経済協力の発展で合意

   モンゴルを訪問中の日本の安倍首相は30日、モンゴルのアルタンホヤグ首相と会談し、両国は、地域で中国の影響力が増大する中で、経済協力を発展させることで合意した。

   安倍首相は、日本の首相として7年ぶりにモンゴルを訪問した。日本は特に、石炭などの鉱物資源開発などへの投資に関心を払った。日本は、モンゴルにとって最大の経済パートナー。日本は昨年、中国、米国、ロシアを抜いてモンゴルの最大貿易相手国となった。

   安倍首相は2日、日本・モンゴル経済連携協定(EPA)交渉に参加する予定。両国の首相は、日本とモンゴルの経済連携協定交渉加速や、日本、モンゴル、米国の3カ国間で、地域の安全保障問題などに関する政策対話を開始することでも合意した。

   イタル・タス

  •  
    シェアする