2013.06.22 , 10:25

ロシア イタリアと共同で地下鉄建設

ロシア イタリアと共同で地下鉄建設

21日、ロシアとイタリアの代表は、モスクワ地下鉄及びモスクワ環状鉄道プロジェクトの枠内で、交通輸送施設を設計し建設するコンソーシアム設立の契約を結んだ。

 基本定款に調印したのは、ロシア・ミレニアム銀行のミハイル・バイダコフ取締役会会長とイタリア・ミラノ地下鉄のランフランコ・セン社長。調印は、サンクトペテルブルグのイタリア領事館で行われた。

 ロシアとイタリアが共同で設立するコンソーシアムの名前は「MMBプロジェクト」で、この会社は、駅や乗換地点を含めたモスクワ地下鉄線そして、駅や乗換地点、鉄道、橋、トンネル、高架、機関庫や車庫、その他鉄道機能を保障する様々な建物や設備を含めたモスクワ環状鉄道の設計と建設に取り組む。

 

   インターファクス

  •  
    シェアする