2013.11.27 , 17:59

日本の自衛隊 秘密部隊がロシア、中国、韓国その他で諜報活動行っていた

日本の自衛隊 秘密部隊がロシア、中国、韓国その他で諜報活動行っていた

   自衛隊では秘密の諜報部隊が存在し、冷戦以降、長期にわたって、旧ソ連、中国、韓国、東欧諸国で活動してきた。本日、共同通信が防衛省情報筋として伝えたところによれば、議員の誰もこの活動を知るものはなく、首相およびかつての防衛庁長官でさえも知るところではなかったという。

  小野寺防衛大臣は、そのような情報は手にしていない、と述べている。

  秘密部隊には数十人、小平に養成学校があり、「心理戦対策」に関する教育が行われていたという。主要目的は、旧ソ連、中国、北朝鮮、韓国、東欧諸国における政治情勢、社会動向に関する情報収集。隊員らは、 会社の駐在員などの名目で活動していたという。身分証なども交換していたという。

  最近ではロシア、ポーランド、韓国が対象になっていたという。

タス

  •  
    シェアする