2014.02. 7 , 20:14

ソチで第22回冬季五輪が開幕、世界およそ50カ国の首脳らが参加

ソチで第22回冬季五輪が開幕、世界およそ50カ国の首脳らが参加

第22回冬季五輪の開幕式がロシアの都市、ソチにあるフィシト・スタジアムで始まった。記念すべき今年の年号から開幕式開始時刻はモスクワ時間で20時14分に設定された。アリーナには4万人の観客が、また生中継では世界で30億人を越える人々がセレモニーを見守っている。2010年のバンクーバー冬季五輪で銅メダルに輝いたボブスレーのアレクサンドル・ズブコフ選手がロシア選手団の旗を持って入場する。ズブコフ選手にとってソチは4度目の五輪出場となる。ロシアからはソチ五輪に総勢225人の選手が参加する。

大掛かりな舞台ではダンス、バレエ、アクロバット、サーカスなどのナンバーが色彩豊かに繰り広げられ、3千人のアーティストと2千人のボランティアがこれに参加する。大々的なショーは2時間半に渡って展開される。

ソチ五輪は2月23日に閉幕する。

  ソチ五輪では金銀同あわせて98セットのメダルが用意された。これは前回のセット分多い。その理由はIOCがソチ五輪にスキー女子ジャンプ、フィギュアスケート団体、リュージュリレー、ハーフパイプ・フィリースタイル(男子、女子)、スノーボードのパラレル大回転(男子、女子)といった新たな種目を加えたからだ。

  競技は山岳、海岸両クラスターの11のスポーツ施設で行われる。最初に獲得されるメダルの表彰式は明日8日にも行われる。

  ロシアが五輪に参加するのは今回が2度目。最初は1980年モスクワで第22回夏季五輪が行なわれたが、冬季五輪が行なわれるのは今回のソチが初めて。

   インターファックス通信

 

  •  
    シェアする