2014.05.24 , 12:45

ロシアとのビザなし交流 日本側訪問団 クリルに向かって出発

ロシアとのビザなし交流 日本側訪問団 クリルに向かって出発

   天候不良のため延期されロシアとのビザなし交流に参加する日本側訪問団が24日、北海道の根室港からクリル南部へ向かって出発した。日本のマスコミが伝えた。

   訪問団のメンバーは65人。

   訪問団は23日朝、ビザなし交流のために特別に建造された「エトピリカ」で国後島へ向かう予定だったが、悪天候のため延期となった。

   今年はロシアと日本のビザなし交流の枠内で、およそ500人の日本人が南クリルを訪れる予定。

   またクリルに住むおよそ300人のロシア人が日本を訪問する見込み。

   ビザなし交流は1991年に始まった。それ以来、択捉島、国後島、色丹島に住むおよそ8500人の島民が日本を訪問し、1万8000人以上の日本人が南クリルを訪れた。

   イタル・タス

  •  
    シェアする