2014.09. 4 , 09:43

英国市民、国家公認のサイボーグ第一号に

英国市民、国家公認のサイボーグ第一号に

   着用者に色彩を見させるアンテナを頭部に埋め込んだ英国市民ニール・ハービッソン氏が国家公認のサイボーグ第一号となった。CNNが報じた。

   政府は32歳のハービッソンさんが(今や彼の頭の一部である)受信機をつけたままパスポートの写真に収まることを許した。

   氏は生まれつきの色盲。2004年、白黒世界からの脱出を決めた氏は、色を見ることを可能にする装置の開発に乗り出した。皮膚の下にマイクロチップを埋め込んでもらった。それで赤、緑、青が識別できるようになった。おまけに、通常の人間には見ることの出来ない赤外線や紫外線さえ見えるようになった。

   そして2013年12月、氏の頭部にアンテナが埋め込まれた。執刀担当医の姓名は明らかにされていない。

  •  
    シェアする