2015.02. 9 , 16:36

独首相、米大統領に対し、プーチン大統領との交渉について語る

独首相、米大統領に対し、プーチン大統領との交渉について語る

  ドイツのメルケル首相はホワイトハウスで米国のオバマ大統領と会談する。6日モスクワで行われたウクライナ問題をめぐる3者会談の成果を報告するものと見られる。

  インターファクスによれば、米独首脳は共通の立場を確認したい考え。ただし、キエフへの武器の供給については両者に立場の相違がある(米国はそれを検討しており、ドイツは断固反対している)。

   ウクライナ問題のほかに、米国の諜報機関による電話通信の傍受についてや、米独間の諜報スキャンダルについても話が及ぶ可能性がある。

   6日、モスクワで、ウクライナ問題をめぐるロシアのプーチン大統領、ドイツのメルケル首相、フランスのオランド大統領の会談が行われた。

  •  
    シェアする