00:50 2019年11月16日
第1次世界大戦最高の兵器が発表される

第1次世界大戦最高の兵器が発表される

© Sputnik / Khomenko
社会
短縮 URL
0 70
でフォローする

ロシアの「週刊ズベズダ」は、第1次世界大戦時代の最高の兵器ランキングを発表した。

ランキングによると、当時最高の兵器は1891年からロシア帝国軍で採用された小銃、モシン・ナガンだ。何度も改良を重ね、海外に輸出された。

モシン・ナガン
© Sputnik / Sergey Pyatakov
モシン・ナガン

2位には1911年から米軍で採用された米国の自動拳銃M1911がランクインした。2017年には最後に残ったM1911が売却された。

3位には1883年に開発され、自動化兵器の先駆けとなったマキシム機関銃が選ばれた。

マキシム機関銃
マキシム機関銃

4位に入ったのは狙撃銃として頻繁に用いられたドイツの小銃、Kar98kだ。

5位には1957年まで米軍で採用されたスプリングフィールドM1903小銃が入った。

関連ニュース

タグ
おもしろい, 軍事, ロシア, 米国, 欧州
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント