09:30 2021年05月19日
社会
短縮 URL
0 22
でフォローする

ファイザー社は、サンタクロースと妖精エルフに特別な方法で新型コロナワクチンを提供してほしいというアイルランドに住む6歳の男の子の要望に応えた。アイルランドのIrish Examiner(アイリッシュ・エギザミナー)紙が伝えている。

アイルランド南部のコーク州に住むカラム・ソーンヒルくんは、ファイザー社にこのような手紙を書いた

あなたがたは、新型コロナウイルスのワクチンを作ったと聞きました。ご苦労様でした。サンタクロースと妖精エルフたちのために、北極に少し送っていただけませんか。

​すると、カラムくんはファイザー社のオフィスから「私たちは、ワクチンを提供するためにサンタに連絡したところ、サンタはクラウス夫人、鹿たち、そしてエルフたち全員の健康と安全を保証してくれた」という返信をもらった。

封筒には、小さなクリスマスプレゼントとしてお絵描きセットが入っていたという。

ファイザー社のCEOであるアルバート・ブーラ氏も、LinkedInの投稿でカラムくんともう一人の子どもに、このように答えた。

私たちは世界中の人々に希望をもたらすために、できる限りのことをしているということを知ってほしい。そして私たちは必ず、サンタと妖精エルフたちの健康にも配慮します。

米ファイザー、独バイオエヌテックの合同開発のワクチンは、米食品医薬品局(FDA)から有効性を認められた最初の新型コロナウイルスワクチンである。欧州医薬品庁(EMA)も同社のワクチンをEU圏内で条件付きで使用することを承認した

関連ニュース

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。 

タグ
アイルランド, ワクチン, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント