12:31 2021年06月13日
社会
短縮 URL
0 164
でフォローする

ノーベル委員会は2021年のノーベル平和賞の候補者リストにロシアのウラジーミル・プーチン大統領を加えた。同賞にプーチン大統領を推薦していた作家のセルゲイ・コムコフ氏が明らかにした。

プーチン大統領をノーベル平和賞の候補者とする推薦状は昨年9月に同委員会に発送されていた。

コムコフ氏は、現在、全候補者数が286人であると語った。同氏は、プーチン大統領は2014年にもノーベル平和賞の候補者リストに加えられたが、その際のノミネート者数は278人だったとも述べた。

また、9月には外国およびロシアの研究者らがロシアの野党指導者アレクセイ・ナワリヌイ氏をノーベル平和賞に推薦している。

同様にブラック・ライヴズ・マター(Black Lives Matter、BLM)運動も同賞の候補に推薦がされた。

関連ニュース

タグ
ロシア, ウラジーミル・プーチン, ノーベル賞
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント