21:55 2018年08月17日
露軍参謀本部、シリアに発射された巡航ミサイルの破片を公開

露軍参謀本部、シリアに発射された巡航ミサイルの破片を公開【写真】

CC BY 4.0 / Ministry of Defence of the Russian Federation
中東
短縮 URL
1181

ロシア軍参謀本部が記者らに対し、有志連合軍によってシリアに向け発射された巡航ミサイルの破片を公開した。

スプートニク日本

公開されたのは、米国製巡航ミサイル「トマホーク」の一部と、英国とフランスが製造した巡航ミサイル「ストーム・シャドウ」と「SCALP」。

​ミサイル本体やその推進装置、宇宙空間を利用した電波航法システムの一部も提示された。

参謀本部報道官は、発見されたミサイルの破片の状態が良いことは、これらのミサイルに作用したのが防空設備だったことを物語っていると指摘し、「巡航ミサイルの被覆材における、破壊要素による貫通穴の存在は、他ならぬ防空誘導ミサイルによる火力の作用の特徴を明らかに示している」と強調した。

関連ニュース

シリア 米国の高価な「スマート」ミサイル 実は軍と無関係の建物を攻撃 露軍参謀本部

露軍参謀本部、ソ連製防空設備による米シリア攻撃撃退を説明

タグ
軍事, ミサイル, 武器・兵器, シリア, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント