19:53 2019年06月25日

テロリストが、シリアにあるロシア空軍基地への攻撃を試みる

© Sputnik / Dmitry Vinogradov
中東
短縮 URL
0 111

ロシア国防省は、テロ組織「ジャブハット・アル・ヌスラ」が、シリアにあるロシアのフメイミム空軍基地を多連装ロケット砲で攻撃しようとしたと発表した。

スプートニク日本

国防省によると、「ジャブハット・アル・ヌスラ」は5月18日00時からフメイミム基地を攻撃しようとしていた。なお当時、シリア軍による砲撃は完全に停止していた。

同省は「『ジャブハット・アル・ヌスラ』のテロリストらは、イドリブの緩衝地帯で挑発と砲撃を続けた」と発表した。

テロリストの多連装ロケット砲が設置されているのをロシア側が発見し、ロシア航空宇宙軍が攻撃、破壊したという。

イドリブは今もテロリストの砦となっており、シリア政府軍はイドリブのコントロールをほぼ失っている。

関連記事

タグ
軍事, 軍事基地, ロシア, シリア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント