20:26 2018年11月15日
露国防次官のアレクサンドル・フォーミン上級大将(アーカイブ写真)

露国防省が米国を非難 フメイミム露基地の攻撃は米ドローンが操作

© Sputnik / Ministry of Defence of the Russian Federation/Vadim Grishankin
政治
短縮 URL
141

露国防次官のアレクサンドル・フォーミン上級大将は、今年1月にシリアのフメイミム露軍基地を攻撃した無人機が米軍の哨戒機P-8「ポセイドン」から操作されていたことを明らかにした。ロシアのマスコミが報じている。

スプートニク日本

フォーミン次官は、「テロリストのハイテク兵器と戦わないためにはこれを相手に供給するのを止める必要がある」と述べている。

シリアではテロリストらが同国にあるロシアのフメイミム基地を攻撃する際などに無人機を活用している。今年8月だけでも、基地の防空システムによって無人機47機が撃墜された。

関連ニュース

タグ
軍事, 軍事基地, 無人機, 被害, 事件, テロ, ロシア国防省, シリア, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント