22:26 2019年07月16日

ロシアはイランを低濃縮ウラン生産増へ向かわせる動機を理解できるが、懸念を抱いている=露外務省

© Sputnik / Mikhail Voskresenskiy
中東
短縮 URL
0 42

ロシアのリャプコフ外務次官は、イランを低濃縮ウラン生産増の可能性へ向かわせる動機を理解できると発表した。

スプートニク日本

リャプコフ外務次官は記者団に「我々は最近、イランをその行動へ向かわせた動機を理解できると繰り返し述べてきた。(イランの核問題に関する)包括的合同行動計画(JCPOA)におけるその義務をイランが完全かつ正確に履行することによるボーナスが一切ない場合、事実上、JCPOAにおける自国の自発的な義務を減らす以外にイランに選択肢はない」と述べた。

一方でリャプコフ氏は、ロシアはこれを支持してはいないと強調し、懸念を表した。

同氏は、JCPOAを維持し、イランがJCPOAから恩恵を受けるために、早急にさらなる努力をする必要があると述べた。

先にイラン原子力庁は、イランの低濃縮ウランや重水の保有量が核合意で定められた上限を超える可能性があると発表した。イランはその理由として、米国による対イラン制裁の再開や、JCPOA参加国が状況を改善できないことを挙げた。

関連ニュース

タグ
ロシア外務省, イラン核合意, 経済, 核兵器, ロシア, イラン
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント