10:25 2018年09月23日
露米外相、北朝鮮を「核保有国と認めない」

露米外相、北朝鮮を「核保有国と認めない」

© Sputnik / Iliya Pitalev
政治
短縮 URL
0 85

米国のティラーソン国務長官とロシアのラブロフ外相は電話会談を行い、朝鮮民主主義人民共和国を核保有国として認めないとの考えで合意した。米国務省が27日、明らかにした。共同通信が伝えた。

スプートニク日本

両外相は朝鮮半島の非核化に向け、外交努力を続ける方針で同意したとしている。

ロシア外務省によると、電話会談の中ではミンスク合意履行に関するウクライナ情勢など他の国際的なテーマにも触れ、「コンタクトチームと『ノルマンディー形式』の作業に加え、今後の双方の交渉チャンネル始動の重要性が確認された」とした。

関連ニュース

北朝鮮 核実験場近くの住民、放射線被曝か

米国、北朝鮮高官2人に制裁 「ミサイル開発を主導」

タグ
核兵器, レックス・ティラーソン, セルゲイ・ラブロフ, 北朝鮮, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント