17:53 2018年11月21日
ボリショイのプリマバレリーナ、米国のビザ発給拒否 外交官の追放合戦か

ボリショイのプリマバレリーナ、米国のビザ発給拒否 外交官の追放合戦か

© Sputnik / Iliya Pitalev
政治
短縮 URL
104

ロシアのボリショイ劇場のプリマバレリーナ、オリガ・スミルノワさんが、米入国管理当局から就労ビザ発給を拒否されたことが19日、明らかになった。AFP通信が伝えた。

スプートニク日本

露米間では外交官追放の応酬により大使館の職員数が減っており、「実務上の問題」によりビザ発給が間に合わなかった可能性があるとされている。

報道によると、スミルノワさんは23日、ニューヨークのリンカーン・センターで公演する予定だったが、ボリショイ劇場のダンサーであるジャコポ・ティッシさんとともに米国のビザ発給を拒否された。

これに対しロシア外務省は、領事の発言に「困惑している」と述べ、ロシアに圧力をかけるための「追加手段」としてビザ問題を「意図的にでっちあげた」と米国を非難した。

ロシアと欧米諸国の間では、英ソールズベリーで服毒事件を受けて英国がロシア外交官を追放したことを皮切りに、外交官の追放合戦が始まった。

関連ニュース

スクリパリ元大佐の姪、毒物襲撃被害者見舞いのための英ビザが拒否されたことを確認

ヘイリー国連大使 ロシアは米国の友人にはならないと断言

スクリパリ氏服毒事件

タグ
英国, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント