12:38 2018年12月15日
ロシア外務省のザハロワ報道官

「攻撃的な」ロシアに関するNATOの非難は、証拠がない=露外務省

© Sputnik / Kirill Kallinikov
政治
短縮 URL
3102

NATOはバルト諸国や北欧のかつては平穏だった地域でも軍事活動を拡大しており、ブリュッセルで開かれたNATO首脳会議でのロシアに対する非難は証拠がなく、不自然である。ロシア外務省のザハロワ報道官が発表した。

スプートニク日本

ザハロワ氏は、すべてを歪曲し、あらゆることでロシアを非難する試みは「不自然であり、ひどいことであり、おろかである」と述べた。

またザハロワ氏は、NATOは自らを防衛同盟として位置付けているが、攻撃兵器の購入を活発に行っていると指摘した。

NATOのストルテンベルグ事務総長は12日、ブリュッセルでのNATO首脳会議を総括した記者会見で「米国とその他のNATO加盟国は、ロシアを前に互いに守り合う用意がある」と述べ、「欧州の軍隊、インフラや諜報活動も米国の保護を助ける。なぜなら我々は皆、より攻撃的なロシアに直面しているからだ」と語った。

関連ニュース

露米首脳会談 プーチン氏は「友人になるかも」=トランプ氏

トランプ大統領補佐官ら、プーチン大統領との会談でトランプ大統領が譲歩する可能性を警戒 新聞報道

タグ
NATO, マリア・ザハロワ, 欧州, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント