08:37 2020年07月12日
政治
短縮 URL
1152
でフォローする

ロシア軍機「イリューシン20」がシリアで墜落したことを受け、モスクワに駐在するイスラエル大使がロシア外務省に呼び出された。同省で明らかにされた。

スプートニク日本

これに先立ち、ロシア国防省では、イスラエル軍パイロットらがロシア軍機を使って身を隠し、イリューシン20をシリアの防空設備による射撃にさらしたと発表していた。

同省はイスラエルに責任があるとしたものの、イスラエル政府は今のところコメントを拒否している。

墜落の結果、ロシア軍人15人が死亡した。

関連ニュース

イスラエルのシリアでの無責任な行動によってロシア軍人15人が死亡 露国防省

米「露軍機はイスラエルによる空爆を撃退中のシリア防空部隊により偶然撃墜」との報道

タグ
軍事, 事故, シリア, イスラエル, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント