16:30 2018年10月20日
米国 中国とロシアとの同時戦争の成功率を評価

米国 中国とロシアとの同時戦争の成功率を評価

CC BY 2.0 / The U.S. Army / Training for U.S. Army Best Warrior
政治
短縮 URL
149

米国の戦略調査研究所「ヘリテージ財団」は、「米国軍力指標」レポートを表し、その中で二方面で大規模な戦争に同時に参加した場合、成功を挙げることはおそらく不可能という評価を下した。

スプートニク日本

ヘリテージ財団が出した最新のレポートでは、例えば中国とロシアなど、同時に2つの大国を相手に戦った場合、その成功率は「ぎりぎり勝てる」という指標が示された。

レポートでは、米国の国益にとって高い危険性をもたらす外敵として米国防総省が「4+1脅威」と捉えている対象として、ロシア、中国、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)、イラン、テロリズムが列挙されている。

こうした一方でレポートは、中国とロシアとの同時戦争の軍事力の評価は以前は「弱い」だったことから、米国の軍事力は近年強化されてきたと指摘している。

ヘリテージ財団の評価する米軍の脅威に対する戦闘能力及び準備度は「非常に弱い」「弱い」「必要ぎりぎり」「強い」「非常に弱い」5段階評価で示されている。

関連ニュース

米国防総省、露を批判 地対空ミサイルの供給は「無責任」

ロシアと中国に隣接する地域にある米国の研究所は、生物学的脅威の絶え間ない源である=露国防省

タグ
ロシア, 中国, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント