05:43 2018年11月21日
F-15戦闘機

米国防総省、シリアでの禁止弾薬使用の情報を否定

© AP Photo / Matthew Bruch/U.S. Air Force
政治
短縮 URL
0 116

米主導の有志連合は、シリアにおいてどのような弾薬が使用されているかについて明らかにはしないが、使用される弾薬は国際的な基準に合致していると、米国防総省の代表者が述べた。

スプートニク日本

同省では、「有志連合は、実施される各作戦でのある特定の兵器・弾薬の使用について公に論議はしない」と明らかにしている。

スプートニクによる取材に応じたこの代表者は、「しかしながら、米国が保有しているそれぞれの兵器システムは、その兵器が武力紛争法に従うことを保証するため、法的な評価を受けている」と指摘している。

13日米国主導の国際有志連合は、シリア東部デリゾール県ハジンを空爆した際に、国際決議で禁止されている白リン弾を使用した。SANA通信が、現地の消息筋の情報をもとに報じた。

関連ニュース

マスコミ:米国は、ロシアのS-300システムのシリアへの供給に対し、F-22戦闘機を使用する可能性がある

トルコ国防省、シリアのイドリブの非武装地帯からの重火器の撤去完了を発表

タグ
スキャンダル, 事故, 事件, ミサイル, 武器・兵器, 米国防総省・ペンタゴン, シリア, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント