20:59 2018年11月17日
ロシアの「スホイ35」戦闘機

インドネシア、ロシア戦闘機の購入取引破棄もあり得る

© East News / Xinhua News/Shen Jinke
政治
短縮 URL
2310

インドネシア空軍のサミエガ報道官は、米制裁の制裁が発動されればロシア戦闘機スホイ35の購入契約が破棄される可能性があると述べた。軍事情報メディア「Jane's」が報じた。

スプートニク日本

「Jane's」によると、米国が厳しい制限措置を発動すれば、インドネシアはスホイ35に代わる機体を模索せざるを得ない。そして同サイトによると、最も適当な代替機は米F-16戦闘機だ。

サミエガ報道官は、契約に署名済みという事実は特別な役割を果たさないと指摘した。

以前報じられたところ、インドネシアは、今年始めに署名した11機のスホイ35を購入するという合意の実施を延期した。その理由は、米国がこの合意を理由に「敵対者に対する制裁措置法(CAATSA)」によって制裁を発動する可能性があるためだ。

だがインドネシアのリャミザルド・リャクドゥ国防相は先月、圧力を理由に購入を中止するつもりはないと表明していた。

関連ニュース

米、インドに制裁発動もあり得る ロシア地対空ミサイル調達で=ロシア人専門家

露中の武器供給 決済はドル建て拒否へ

タグ
武器・兵器, 軍事, 戦闘機, 制裁, インドネシア, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント