05:45 2019年07月22日
イランのザリフ外相

イラン、人工衛星打ち上げ失敗に米国が関与した可能性があると疑う

© AFP 2019 / Maxim Malinovsky
政治
短縮 URL
171

イランのザリフ外相は、イランが過去2ヶ月間で人工衛星の打ち上げを2回試みたが失敗したという情報を確認し、これに米国の秘密プログラムが関与している可能性があるとの考えを示した。NBCテレビが報じた。

スプートニク日本

先にニューヨーク・タイムズ紙は、トランプ政権関係者の話をもとに、ホワイトハウスがイランのミサイルに対するひそかな妨害行為を目的とした秘密プログラムを加速したと報じた。

Командующий военно-космическими силами КСИР Амир Али Хаджизаде
© AFP 2019 / Amir Kholoosi / ISNA News Agency
ザリフ外相は、人工衛星の打ち上げは米国の秘密プログラムが原因で2回とも失敗した可能性があるとし、イランは現在「この出来事の詳細を調査している」と発表した。

先にイランは人工衛星2基を打ち上げる意向を発表していた。イランは1月中旬、うち1基の衛星「パヤム」(メッセージ)を打ち上げたが、軌道の投入に失敗した。だが当局は、別の衛星「ドゥスティ」(友情)を打ち上げる方針を示した。

関連ニュース

タグ
軍事, 米国, イラン
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント