19:32 2021年04月23日
政治
短縮 URL
0 113
でフォローする

米国防総省は、ウクライナに武器の輸出や軍事訓練への援助費用として1億2500万ドルを拠出する。国防総省のジョン・カービー報道官が発表した。

カービー報道官は「国防総省はウクライナ支援の一環として、軍事訓練や武器の輸出、助言指導といった安全保障の分野で1億2500万ドルを援助する」と述べた。

同報道官によると、米国はロシア侵攻からの防衛を目的としてウクライナに武器を提供する準備ができているという。

ウクライナ危機を背景に、ロシアとウクライナの関係は悪化している。ウクライナ当局は以前、ロシアが国の内政に干渉したとして繰り返し非難してきた。2015年1月、ウクライナ最高議会は、ロシアを「侵略国」と呼ぶ声明を採択した。一方、ロシアはウクライナ側の非難を否定し、容認できないとしている。ロシアは、ウクライナが政治及び経済問題を解決することに関心があると繰り返し強調している。

関連ニュース

 

タグ
軍事, ロシア, 米国, ウクライナ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント