19:06 2021年07月24日
政治
短縮 URL
0 64
でフォローする

14日、在ロンドン中国大使館は、G7サミット参加国はコロナウイルスを政治問題化するのを止め、「公平原則」にもとづき世界保健機構(WHO)との協力を開始すべきだと発表した。

サイトで公表された声明では、「私たちは、(G7の)関係各国が、たとえば中国のようにコロナウイルス発生問題の研究でWHOと協力し、科学的な合理性や客観性、公平性の視点を堅持すること、また、政治的策略を企てるのを止めることを希望する」と指摘する

また、声明では、これに関して米国やG7各国が指摘する疑い、また、中国政府に対する非難は、「国際社会の協力と連帯にとって障害にしかならない」と強調。同大使館は、「ウイルス発生の問題に関しては、中国はオープンで透明な立場をとっている」との見解を示した。

関連ニュース


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報 をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
WHO, 新型コロナウイルス, 中国, G7
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント