13:36 2021年09月18日
政治
短縮 URL
0 51
でフォローする

ロシア最高検察庁は、ロシアが国連の特別委員会に、サイバー犯罪と仮想通貨の犯罪利用の撲滅に関する条約案を提出したことを明らかにした。

「ロシアは、犯罪目的での情報通信技術の使用を撲滅するための条約案を国連の特別委員会に提出した。この草案は、仮想通貨の犯罪利用をはじめとする国際的な情報セキュリティの分野における現在の課題と脅威を考慮に入れている」

ロシア最高検察庁は、ロシアは世界に先駆けて情報犯罪を阻止する普及的な条約案を策定し、特別委員会へ提出したと説明している。

2020年、全ロシア警察協会の会長はサイバー犯罪による世界経済の損失が2030年までに90兆ドル(およそ9340兆円)に達すると発表している。

関連ニュース

タグ
国連, ハッカー
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント