18:50 2018年09月20日
ロシア沿海地方

電子査証が露沿海地方と日中シンガポールの関係を拡大する

Image provided by the Primorye Territory administration
ロシア
短縮 URL
0 51

簡易査証(ビザ)要件の導入によって、ロシア沿海地方は主要な3国の観光市場、日本、中国、シンガポールとの関係を拡大することが出来る。沿海地方観光局長コンスタンチン・シェスタコフ氏が発表した。

スプートニク日本

電子ビザ発給の第1段階は今年8月1日から稼働する。旅行者はウラジオストク国際空港かウラジオストクの海港のチェックポイント経由で沿海地方に入国することが可能になる。

先ほど、日本人が、ウラジオストクを日本文化の要素を持つ夢の町へと変えるお手伝いをすると明らかになった。

また、サンクトペテルブルグ国際経済フォーラムでロシアのガルシカ連邦極東発展相は2日、日本がロシア極東への投資額を格段に増やすポテンシャルを有していると述べた。

タグ
観光, ビザ・査証, 旅行, 文化, 露日関係, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント