01:16 2018年12月19日
ロシア製ミサイルシステムS-400

独マスコミ 独軍の最新戦闘機はS-400の前では無力

© Sputnik / Sergey Pivovarov
ロシア
短縮 URL
180

独紙「フランクフルター・アルゲマイネ・ツァイトゥング」は、独軍の最新戦闘機「ユーロファイター」について、ロシアの超長距離地対空ミサイルS-400「トリウームフ」に対して無力だと報じた。

スプートニク日本

独紙「フランクフルター・アルゲマイネ・ツァイトゥング」によると、「ユーロファイター」は、敵戦闘機に対抗するために開発されたものであり、ロシアがS-400ミサイルで攻撃した場合、対抗できないと、同紙は強調する。

「ユーロファイター」は、独軍史上で最高額の戦闘機でありながら地対空ミサイルに対抗できないため、全天候型多用途攻撃機「トルネード」の支援のもと、任務を遂行せざるを得ないと指摘されている。

だが、それは問題の解決にはならない。「トルネード」に搭載されるミサイルは、150キロメートの距離から地上の標的を破壊することができるが、S-400が標的を破壊できる半径は100キロメートル大きい。ある独空軍の将校は「S-400のような複雑で近代的なシステムを、莫大なコストをかけず、また、自分たちが損失を受けることなく故障させるのは不可能だ」との見方を示した。「フランクフルター・アルゲマイネ・ツァイトゥング」紙が報じた。

関連ニュース

中国の戦闘機、露で酷評

インドネシア、ロシア戦闘機の購入取引破棄もあり得る

タグ
軍事, ミサイル, 武器・兵器, ドイツ, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント